毛周期のサイクルに合わせた脱毛

現在主流となっている永久脱毛方法は、医療レーザー脱毛です。この方法で永久脱毛状態にするには、毛の発毛サイクルを踏まえた頻度でレーザー照射をする必要があります。

レーザー脱毛では、黒い色に当たると熱を生む光を利用しています。毛には毛周期というものがあり、毛穴のすべてから毛が生えているわけではなく、成長期と退行期、休止期を繰り返しながら生え代わっています。体表に出ている毛は、成長期と退行期の毛ですが、それらは毛穴の15%ほどであると言われています。

レーザーを照射すると、成長期と退行期の毛に当たって発熱します。退行期の毛は、すでに毛根から離れているため、成長期の毛だけが、毛根に熱を伝え、毛根を破壊することができます。

体毛は2カ月から5か月のサイクルで、バラバラに生え代わっています。周期は人それぞれで、部位によっても異なります。そのため、レーザー照射は1カ月から2カ月おきにおこなうことになります。

すべての毛根を焼き切るまでには、息の長い取り組みとなります。だいたい2年で、満足のいく状態になることが多いとされています。

毛周期は個人差が大きく、2年かからない人もいますし、2年では不十分な場合もあります。どの程度の仕上がりを望むかにもよります。体毛が少々残っていたほうが自然な感じがしていいという場合は、早めに終えられますし、ツルツルの肌を望み、数年通うケースもあります。

いずれにせよ、一朝一夕に達成できることではありません。