脱毛後のケア方法の注意点

脱毛後のケア方法の注意点があります。施術後の肌はとても敏感になっているため紫外線は大敵です。

処理した部位には日焼け止めを使って保護します。レーザーや光脱毛は黒い肌の色には効きにくく、痛みを感じにくい性質があるため施術を続けるときには日焼け止めの利用はしっかり行います。施術後には肌が火照っているため保冷剤や冷たいタオルを使って鎮静を行います。

家に帰っても火照っている場合には冷たい水で流したり、冷たいタオルや保冷剤を使って肌を冷やします。普段は使っている消臭スプレーも施術前後は衛生的に使わないようにします。

また消臭スプレーに含まれている白い粒子が脱毛の妨げにもなります。施術後1時間は消臭スプレーの使用と控えます。クリニックやエステサロンから渡されているクリームや軟膏は使用したり、何もない場合にはボディクリームなどを使って保湿します。

ただし清涼感を強く感じるアイテムは肌に負担を掛けてしまうことがあるため使用感が優しいものを選びます。脱毛した部位は温めないようにします。

日光や湯船、熱いシャワーやこたつ、サウナなど患部を温めてしまうと後から赤みやヒリヒリなどの炎症を起こしてしまうこともあります。脱毛後は温めず冷やすことに気を付けます。特に冬の注意点は暖房器具で温めてしまったり、熱いお風呂などに入りがちなため気をつけます。

まれですが、脱毛器の照射口の形やそれに近い形の跡が残ってしまう場合があります。肌全体が赤くなるわけではなく、一部だけマークのようになってしまいます。

自己判断で対処するのではなく、すぐに施術店舗への問い合わせを行います。